スマートフォンを節約するための最適解

ガラケー(フィーチャーフォン)からスマートフォンに変えて、一番初めに驚くのはその料金だと思います。

これまで、ガラケーで月4,500円程度で済んでいたパケット代が6,500円になり、通話料も無料通話が使えるお得なバリュープランが選べなくなってしまい、携帯代があっという間に1万円オーバー、というのもザラだと思います。

パケット代の節約方法

最近は、無線インターネットサービスのエリアもかなり広がってきていますので、無理に携帯会社のパケット定額サービスに加入する必要はありません。

代表的な無線インターネットサービスを挙げます。

  • WiMAX(ワイマックス)
  • イー・モバイル
  • 格安SIMカード

どのサービスも、MVNO(仮想移動通信事業者)と呼ばれる会社が、既に敷設済の回線を利用して、インターネットサービスを提供していることが多いです。

WiMAXは、通信速度が速く、かつ他のサービスで見られる通信量の制限が敷かれていないというのが最大のメリットです。

利用料金も、キャッシュバックがあったり、初期費用・初月料金が無料という点を考慮すると1年で2,000円程度から使えるプランもあり、行動エリアが圏内であれば、一番におすすめできるサービスです。WiMAXのキャンペーンランキングなどを参考に、プロバイダを探してみると良いのではないでしょうか。

イー・モバイルは、ソフトバンクが買収したことでも有名になりましたが、docomo・au・ソフトバンクの3強に次ぐ、第4の勢力として、3Gだけでなく4G(LTE)回線も保有する企業です。

通信速度を重視したい人には、イー・モバイルも十分選択肢になるのではないでしょうか。

3つ目に挙げた格安SIMカードは、上記の2つとは少し毛色が違います。

今使っているスマートフォンに挿してあるSIMカードを、別のプロバイダが提供するSIMカードに挿し替えてしまうというものです。

現在、BIGLOBEやOCN、日本通信などがこのサービスを展開しています。

「ほぼスマホ」端末+LTE通信費で24カ月間2,980円/月というサービスもありますので、既にスマートフォンを使っている人だけでなく、これから乗り換える予定の人は、新しく端末ももらえるこういったサービスを活用すると、端末代自体もぐっと節約することができますね。
(スマートフォンは、利用料金もそうですが、本体代金も高いですからね。)

様々なサービスが現れていますが、現時点で最もお得なサービスはWiMAXかと思います。ぜひ皆さんも情報収集してみて下さいね。